庭野仁司が最近考えていることとは

庭野仁司は横浜で美容室を経営しています。自身ももちろんスタイリストとして活躍しており、非常におしゃれな男性として、お客さんや周りの人から評価を受けています。庭野は、38歳という年齢です。おしゃれをする男性としては少し年齢が高いかもしれませんが、経営者としては、まだまだ若手だと言えます。しかし、庭野仁司の美容室は非常に好調なようで、お客さんは絶えず訪れています。ファッション文化の最先端都市である横浜でこれだけの評価を受けるためには、並々ならぬ努力と才能が必要であり、それを達成した庭野仁司はもはや成功者と言っても過言ではありません。

庭野仁司の年収は、1000万円です。同じ38歳の男性の平均年収が約550万円ということと比べると、それがどれだけ高い数字か分かることでしょう。また、庭野仁司には奥さんもいます。彼女は庭野と同世代の女性ですが、非常に美容意識が高く、庭野仁司と一緒にファッションについての話をすることもあるようです。趣味が近いということもあり、夫婦仲は良好で、休日になると一緒に食事に出かけたり、庭野仁司の美容師仲間たちと出かけるツーリングに参加させたりすることもあります。

そんな庭野仁司ですが、普段の趣味と言えることは街を歩く人々のファッションや髪型の流行を観察することです。もはや職業病とも言えるような状態になっていますが、もともとファッションに興味がある人のため、まったく苦に思わないということです。むしろ、趣味と呼べるほどに楽しんでおり、家でじっとしているのができないタイプでもあるようです。

美容師としての仕事も、プライベートについても非常に充実している庭野ですが、次のステップとして、2店舗目の美容室の経営に乗り出すべきか考えているようです。確かに規模が大きくなることはいいことですし、それを成功させるだけの実力があるということには、絶対的な自信を持っているのですが、2店舗目には新しい店長を立てる必要があるため、それが心配なのです。美容師仲間と話しているときにも、いろいろな意見があり、それのどれにも頷けてしまうということでなかなか決心がつき切らないようです。奥さんに相談することもあるのですが、2人とも少し慎重な性格なため、結論がつかないことも多いようです。しかし、悩みというほどではなく、むしろ自分が好調だから、その勢いに足をすくわれてしまわないように、念には念を入れているのです。この様子だと、もう少しの間決心をすることはできないかもしれません。