庭野仁司と美容師の仕事

庭野仁司は横浜で美容師をしている38歳の男性です。東京都の美容専門学校を卒業し、美容についての知識を学んだあと、自分で美容室を経営し始めました。彼がオーナーとして働く店舗は横浜にあり、丁寧な接客と確かな腕から、近所では評判の美容室となっています。経営状態は良好で、年収は同世代の平均額を大きく上回る1,000万円です。さらなる事業の拡大を図れるだけの貯蓄もできてきました。最近はお客さまの対応に追われて忙しい日々を送りながら、2店舗目の出店も視野に入れているようです。

競争が激しいといわれる美容室業界で、これだけの成功を収めるのはなかなかできることではありません。さらに、おしゃれな街というイメージが強い横浜のなかで人気をキープし続けているということは、庭野仁司の美容師と経営者としてのセンスが非常に優れていることの証明といえるでしょう。

庭野仁司のセンスは、趣味である人間観察によって培われたものです。美容師の仕事は常にトレンドに敏感でなければなりません。どんな服装や小物が流行っているのか、それにはどんなヘアスタイルが合うのかを、待ちゆく人々のファッションからチェックするのが彼の日課です。最先端の流行をいち早くキャッチして、お客さまに提供したいという姿勢が、事業を成功させる秘訣なのかもしれません。もちろん無理をしているわけではなく、庭野仁司自身も流行っているものが好きなので、ファッションチェックは楽しんでやっています。

若者の流行を知るために、インスタグラムもよく活用しています。知人や友人はもちろん、有名人もフォローして幅広く情報を収集していて、隙間時間はスマートフォンをチェックしていることが多いようです。特に、おしゃれなカフェやおいしいお店の情報を見るのが楽しみで、ランチはインスタグラムで話題のお店に出かけていくことがよくあります。

庭野仁司の趣味は、ファッションチェックやインスタグラムのチェックだけではありません。週末に仲間とツーリングに出かけるなど、アクティブな一面もあります。休みの日にバイクを走らせて遠出することで、仕事から離れてリフレッシュできるようです。とはいえ、ツーリング仲間はもっぱら美容師仲間でもあるため、休憩中の話題は美容業界の話や仕事の話になってしまうこともあります。美容師の仕事をとても気に入っていて誇りを持っている庭野仁司にとって、完全に仕事を忘れ去ることは難しいのかもしれません。