庭野仁司は仕事に熱心な美容師であり経営者

庭野仁司は、仕事に対してすごく情熱を燃やしている人物です。庭野仁司の仕事は美容師で、38歳という年齢ながら、すでに自分のお店を構えています。しかも、そのお店があるのは、おしゃれな街としてよく知られている横浜です。お店の家賃もなかなかするものですが、お店の売り上げは好調で、庭野仁司はすでに2店舗目の出店についても、構想を練り始めているそうです。それでは、庭野仁司はどうしてここまで成功を収めるほどの美容師になったのでしょうか。

美容師の仕事は、センスが左右する仕事だといって過言ではありません。そのセンスは多岐にわたりますが、なんといっても美的センスが何よりも重要です。庭野仁司がそのセンスを磨くためのトレーニングとして日課にしているのは、街に出て人間観察をすることです。美容師は、人を選ぶものではなく、人に選ばれるお仕事です。つまりは街に出ている人がすべてお客さんになってもおかしくないと考えています。そのため、どのような髪形が流行っているのか、その人にはどのような髪形が合うのかをイメージトレーニングしているのです。

また、美的センスだけでなく、会話に関するセンスも必要です。美容室は癒しの場であり、居心地がよくなければ、何度も来ようとは思えないものです。そのため、お客さんとの会話も大切にしています。気遣いも大切ですが、幅広い話題を持っていることこそが、お客さんとの会話が途切れないための秘訣だと語っています。そのために、SNSの活用が重要なのだそうです。

庭野仁司が一番活用しているSNSはインスタグラムです。インスタグラムは、投稿する人の生活が見えやすいことと、おしゃれな趣味を持っている人が多いため、お客さんに提供する話題作りとしては最適なのだそうです。最近では、よくランチの写真などを検索しています。それを実際に食べに行って、お客さんに話しているのです。また、行ってみたカフェやレストランの店内空間づくり・インテリアなども自分のお店に反映できればと考えています。

庭野仁司は活動しているうちのほとんどの時間で、仕事のことを考えています。例えば、彼のリフレッシュ方法は、友人たちとのツーリングですが、その友人たちもみんな美容師仲間です。ついつい、自分のお店の経営に関することや、仲間たちの仕事について話題が進んでしまうそうです。ここまで自分を磨きたいと考えている庭野仁司には、周りの美容師仲間たちも頭が下がると話しています。