美容師として成功を納めた庭野仁司

庭野仁司は38歳の男性で、横浜市で美容師をしています。出身は広島市で、地元の高校を卒業後に都内の美容専門学校へ進みました。そうして美容の知識と経験を重ねたのち、横浜に自らの店をオープンしたのです。

もともと美容師としてのスキルとセンスが高かった庭野仁司にとって、自分の美容室を経営することは、それほど難しいことではありませんでした。横浜では評判の美容室として経営状態も良く、庭野仁司の年収は1,000万円に到達しています。同世代の年収の平均額から見ても、彼の経営は大成功しているといえます。さらには、お客様が増え、スタッフのスキルも高まったことから、2店舗目の出店も考えているようです。人気店なこともあり、ときには予約をお断りしたり、お客様を待たせてしまったりすることもあるため、店舗数を増やして、事業の拡大をしようかどうかというのが、最近の悩みなのです。

どうしてこれまで庭野仁司が成功できたのかというと、日々、美容のセンスを磨くための努力を続けているからです。彼の趣味は、いわゆる人間観察です。これは、トレンドを取り入れるため、街行く人々の髪型やファッションをチェックしているのです。流行りのスタイルを日々研究し、お客様に提案していたことが、彼を成功に導いたのかもしれません。このファッションチェックは、仕事のために仕方がなく続けているのではなく、庭野仁司自身も楽しんでいます。自分の好きなことを仕事に活かせることを、彼は幸せに感じているようです。

トレンドのチェックのために、インスタグラムも利用しています。しかし、インスタグラムはファッションよりグルメを中心に情報収集することが多くなっています。インスタグラムでも人気のおしゃれなカフェや、カラフルで写真映えのする料理が楽しめるお店などをチェックし、ランチに出かけるのを楽しみにしています。庭野仁司も気に入ったお店や料理の写真を撮ってインスタグラムにアップしています。彼のアカウントは、お店のスタッフやお客様はもちろん、様々な人たちからフォローされている人気アカウントです。

また、庭野仁司はツーリングも趣味としています。休みの日には、美容師仲間とツーリングに出かけるのです。洗練された横浜の街で日々を過ごす庭野仁司は、ときに自然豊かな山道などをツーリングすることが良い気分転換になり、リフレッシュできると感じています。日々、仕事も趣味も楽しむことが、彼のモットーなのかもしれません。